多汗症状の改善ポイント | Quality Of Life

多汗症状の改善ポイント

スポンサーリンク

多汗症状を改善するポイントについてです。多汗症状の改善ポイントの中には今日から、すぐにできることもあります。

今日からできる、多汗症状改善のポイント

多汗症状の改善のポイント

 

部屋の明るさの変化でリラックスする

 

飲み物と飲み方に気を使いカフェインを減らしてみる

 

お酒とたばこに気を使ってみる

私の経験を振り返えってみても、疲労状態が続いたり、ストレスの多く睡眠がスッキリしなった日の1日は、一日中カラダがだるく、緊張・硬直状態になっていることがわかります。

カラダにも気持にも余裕がないために、ちょっとした変化で緊張感が急に高まり急に汗が噴き出てしまいます。

そんな状況の方はきっと多いのではないでしょうか?毎日のちょっとした工夫ですぐできる対策をまず3つ まとめてみましょう。

1つ目は「部屋の明るさ」についてです。

仕事などで一日中、「パソコン」を使うことが多い時、更には、スマホにテレビ・・・

実は、これらの光は交感神経をたかぶらせています。自分で思う以上に疲れているということを意識してみます。

帰宅後や就寝前には、極力パソコン・スマホ・携帯は使わないようにして、オレンジ色などのやわらかい色白熱灯の照明にして刺激を減らし、眼と気持ちをリラックスさせてから眠りにつくと、とても効果的です。


スポンサーリンク

2つ目は「飲み物とカフェイン」についてです。

よく聞く話ですがカフェインは、交感神経をたかぶらせることで有名です。一日中、気持がたかぶったり、ストレスが多かった日の就寝前はカフェインの入っている飲み物を控えてみる。

たとえば、コーヒー・紅茶・緑茶・烏龍茶など煎茶・ばん茶・ほうじ茶にもカフェインは含まれています。ココアとかコーラなどもそうですね。

これらは、さらに交感神経をたかぶらせるので特に、就寝前は控えた方がよいですよ。それでは、代わりにどんなものを飲むとよいでしょう。

「麦茶」・「黒豆茶」・「杜仲茶」・「ハーブティ」などが薦められます。気分を落ち着かせるときに飲用されるお茶類です。

そうしたことから、これからの季節に欠かせない水分補給の時も「麦茶」は手軽で有効といえます。

3つ目は、「お酒とたばこ」についてです。

この2つは、お酒が好きな人と喫煙者の場合です。

やめるにやめれない・・・ということでもあると思いますけど、たばこは1本吸うと体温が少し下がるようです。

気分転換にと思うこともあると思いますが就寝前にはさけたほうがよいです。お酒も同様に、私も毎日、軽い晩酌はする習慣です。

適度のお酒は緊張感を解き、カラダをリラックスさせるといわれているので、控えめで飲んでいます。

個人差があるのですが、控えめにちょっと晩酌、程度が良いです。

すぐに取り組めることを整理してみると

●就寝前には、カフェインの含まれる飲み物を控え、変わりに麦茶やハーブティを飲むようにする。

●寝室やくつろげる部屋の明りをオレンジ色など、やわらかい白熱灯にしてみる。

●タバコを控え、お酒はかるい晩酌程度を続けてみる。

自律神経が崩れてきたと感じたら、続けてみると回復傾向になりますよ。

そんな状況の時は、リラックスして気持良く眠れた気がするときには、その現象が軽減しています。

良い睡眠の時には、自律神経のバランス崩れが少し回復しているのだと思います。そうすることで、落ち着いた状態に切り替わり多汗症状が改善されていくことがあります。

毎日のことなので、急速に多汗が止まるということとは違いますが、自律神経のバランスが回復することは大きな改善要素です。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします