ジンゲロン/スイートクローバー/ステビア/7-KETO(7-ケトン)/セントジョーンズウォート | Quality Of Life

ジンゲロン/スイートクローバー/ステビア/7-KETO(7-ケトン)/セントジョーンズウォート

スポンサーリンク
ジンゲロン
 

ジンゲロンは、しょうがの辛み成分です。ジンゲロンは血液循環を促進して、体温を温める作用があります。

新陳代謝が活発になるので、発汗作用が高まり、消費エネルギー量を促進する効果が期待できます。

また、ジンゲロンには脂肪燃焼効果も認められているので、脂肪燃焼が盛んになり基礎代謝があがるといわれています。

冷え性の人には、紅茶に生姜を入れて飲む”生姜紅茶”は、ポリフェノールのダイエット効果とと生姜のダイエット効果が期待できますのでおすすめです。

ただし、生姜は殺菌作用が強いので(青魚のおさしみの薬味にも使われますが)、胃への刺激も強くなります。

胃が弱い人は、量を控えたり、空腹時に摂取しないようにしたほうがよいでしょう。 

スイートクローバー

スイートクローバーメリロートともよばれるマメ科の植物で、和名はセイヨウエビラハギといいます。

メリロート(スイートクローバー)は、静脈やリンパの流れを改善し、下半身のむくみを予防改善します。

立ちっ放しや、座りっ放しの姿勢は下半身の静脈の流れを悪くします。そのため、どうしても足がむくみやすくなります。

運動不足などで、筋肉量が少ない人も下半身の血液を戻す力が弱いのでむくみやすくなります。

下半身太りは脂肪だけではなく、むくみが原因の場合もありますので、足やせを願う人にはおすすめです。

スイートクローバー(メリロート)は大量摂取をすると、肝臓に負担をかけます。摂取する際は、必ず目安量を守ってください。

スポンサーリンク

ステビア

ステビアは、キク科の植物ステビア・レバウディアナ・ベルトニーから抽出された天然甘味料の名称です。

ステビアは、甘さは砂糖の約300倍でカロリーは0の甘味料です。砂糖をステビアに置き換えることでカロリーダウンができるのでダイエットの強い味方になります。

7-KETO(7-ケトン)

7-KETO(7-ケトン)は、副腎皮質ホルモン様物質「デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)」を改良したものです。

DHEAには、熱生産効果を高めて、体脂肪を減らす効果がありますが、体内のホルモンバランスを崩してしまう副作用がありますが、7-KETO(7-ケトン)には副作用はないといわれています。

7-KETO(7-ケトン)は、代謝を高め脂肪の消費を促進するので、自然にやせられ、体脂肪率を減少する効果が期待できます。

セントジョーンズウォート

セントジョンズウォートは和名で西洋オトギリソウといいます。セントジョーンズウォートはドイツで本格的に研究がされ、医療現場でも広く用いられるようになりました。

セントジョーンズウォートの有効成分と考えられるヒペルフォリンが、脳内物質のセロトニンをふやします。

セロトニンは感情や睡眠、食欲に関係し、これが減るとうつ状態になります。セントジョーンズウォートには食欲を抑える効果があることが報告されています。

アメリカではセントジョーンズウォートは「ストレスを退治するハッピーハーブ」として人気があり、ダイエットにつきもののストレスを減らすのにも効果的です。

セントジョンズウォートには光線感受性を高める作用があるので、日焼けしやすくなります。

血液凝固防止剤、免疫抑制剤、強心剤、気管支拡張剤を服用中の人は、セントジョーンズウォートを摂取すると、薬の血中濃度を薄めてしまう可能性があるので使用は避けてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします