筋トレで胸を大きく / マッサージで胸を大きく | Quality Of Life

筋トレで胸を大きく / マッサージで胸を大きく

スポンサーリンク

胸の重さを支えている「大胸筋」という筋肉を鍛えることで、バストアップ効果を得ることができます。

ここでは、大胸筋の筋トレの方法について、詳しく紹介していきたいと思います。それでは早速、大胸筋を鍛える筋トレの方法について見ていきましょう。

女性でもできる、簡単な腕立て伏せを利用した筋トレ方法です。まずはじめに、床に膝と手をついた状態の体勢になりましょう。

このとき、膝は揃えて、手をつく幅は肩幅よりも広めにとって開いておいてください。次にその体勢のまま、あごを床につけるようにしながら身体を倒していきます。

ゆっくりと呼吸をしながら身体を倒していき、その後もゆっくりと身体を元の体勢に戻していってください。

以上が、大胸筋を鍛える簡単な筋トレ方法です。はじめのうちは、10回を3セットとして行ってみましょう。

1セット行うごとに1分間の休憩をとることも忘れずに行ってください。

筋トレにだんだんと慣れてきたら、1セットの回数を増やすなどして、負荷を上げていくと良いでしょう。ただし、この筋トレはあくまでも大胸筋を鍛えるためのものです。

決して「胸(乳房)が大きくなる」わけではありませんので、その点はよく理解しておく必要があるでしょう。

大胸筋は乳房を支えている筋肉ですから、大胸筋を鍛えることで胸のかたちをきれいに整え、胸を垂れにくくさせることができます。

しかし大胸筋を鍛えても、乳房の脂肪を増やしたり、乳腺の発達を促すといった効果はありません。

大胸筋の筋トレは「胸を大きくする」のではなく、「胸のかたちを整え、垂れにくい状態にする」バストアップと考えると良いでしょう。

お金借りる方法も合わせて読んでみるのが効果的ですよ。

筋トレでは筋肉が鍛えられるだけなので、乳腺の発達や女性ホルモンによって胸を大きくしたい場合は、マッサージやツボ押し、サプリメントなどが効果的です。

これらについては【マッサージで胸を大きく】や【ツボを刺激して胸を大きく】、【サプリメントで胸を大きく】などで詳しく記載していますので、そちらも併せてご覧になってみてください。

スポンサーリンク

マッサージで胸を大きく

筋トレで胸を大きく】では、大胸筋を鍛える筋トレをする方法を紹介してきました。しかし、筋トレだけでは胸を発達させることはできません。

大胸筋で支えるための乳房は、マッサージによってバストアップしていくことができます。

ここでは、胸を大きくするためのマッサージ方法について、詳しく紹介していきたいと思います。

まずは、左右の胸を片方ずつマッサージしていきます。両手のみを使ったマッサージなので、使うものは何もありません。

では、はじめに、両手を使って内側から外側へ、片方の胸全体のかたちをまるく整えていくようにマッサージしていきます。

このマッサージを、左右の胸それぞれ10回ずつ行います。次に、左右の胸を両方一緒にマッサージしていきます。

今度は外側から内側に向かって、胸のかたちを整えていくようにマッサージしていきましょう。このマッサージも同様に10回行ってください。

どちらのマッサージも、胸のかたちを整えながら谷間をつくるイメージでマッサージしていくと良いでしょう。

以上が、バストアップに効果的なマッサージ方法となります。

お風呂に入っているときや、お風呂あがりなど、血行が良く身体が暖まっている状態でのマッサージがおすすめです。

また、鏡を見ながらマッサージを行うとより効果的です。

マッサージをする場合も筋トレをする場合も、胸が大きくなるイメージをすることが大切ですので、実際に鏡で自分の胸を見ながら行いましょう。

このようなバストのマッサージと、大胸筋の筋トレを併せて行うことで、より高いバストアップ効果を得ることができます。

ぜひ、マッサージと筋トレを併せて実践してみてください。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします