法令線を除去する | Quality Of Life

法令線を除去する

スポンサーリンク

ほうれい線を除去するマッサージ:まずはそこのあなた、ご自分のおでこやこめかみなどの肌を持ち上げて見ましょう。これで、持ち上げる前と印象が違うようだったらあなたの肌はたるんでいます。

ほうれい線は、時間の経過とともにより深く刻まれていきます。まだ若いから大丈夫と油断していたら手遅れになってしまうかもしれません。

日ごろからのケアが大切になってきます。出来てしまったほうれい線や、ほうれい線の予防に効果的なのがリフトアップです。

リフトアップは整形でよく聞かれる手法なので、整形の手術と勘違いしがちなのですが、自宅で出来る簡単なマッサージで、それに近い効果を得ることは可能です。

それでは、ごく一般的なほうれい線に効果のあるリフトアップマッサージをひとつ紹介しましょう。ほうれい線の解消には側頭筋を押し上げて鍛えてあげることが大切です。

まずは目を閉じて、耳の後ろにあるくぼみに親指を当ててください。そして、ぐっと抑えながら斜め後方に押し上げるように持ち上げます。

あまり強く押し過ぎないように、自分が気持ちよいと思える程度の力で行ってください。簡単な作業ですが、毎日続けることが大切です。

そんな面倒なことは出来ない、手っ取り早く効果を得たいという人は、高額の費用がかかりますが、外科治療を含めたクリニックでの施術ということになります。

ボトックス注射やヒアルロン酸注射、そして外科治療に抵抗が無ければスプリングスレッドやミニリフトなどのリストアップ術での治療ということになりますね。

ほうれい線の原因と対策

ほうれい線の原因ひとつである肌の乾燥ですが、お肌のケアをきちんと行うことで、ほうれい線の予防だけでなく、出来てしまったほうれい線を少しずつですが除去、解消することは可能です。

長い期間、負担をかけてきた肌に出来てしまったほうれい線を消すためには、同じように長い期間ケアをする必要があります。

そこで、まずは毎日簡単に出来る対策からはじめていきましょう。

・エアコンに当たり過ぎない

エアコンの風は想像以上に肌を乾燥させます。冷房暖房関係なく、風が直接当たるような場所で仕事をしている人は特に注意が必要ですね。

職場とかだとある程度は仕方がありませんが、そういった場合はデスクにおける小型の加湿器などを用意して保湿を心がけましょう。

・入浴はじっくりと

入浴をすると、体温が上がり血流が良くなりますし、汗をかくことで老廃物が対外に排出されます。

入浴後はしっかりと洗顔をして、化粧水でパックなどをするなどして、しっかり保湿してあげましょう。

血流が良くなっていますから、入浴中はマッサージをする時間としてもとてもお勧めです。リラックスしながら出来ますから、毎日苦になることなく出来るんじゃないでしょうか。

・保湿によい成分を取る

最近は、ほうれい線対策に効果的な美容液も販売されています。プラセンタ、ヒアルロン酸、コラーゲンといった成分が含まれたものがお勧めです。

ヒアルロン酸やコラーゲンなどは、スーパーなどにも売られているような身近な飲料にも含まれていますから、気軽に摂取することが出来ますよ。

スポンサーリンク

ほうれい線は、なぜ出来るのか。

加齢によって現れ始めるほうれい線。そこのあなたも気になり始めているのではありませんか?

ほうれい線が目立ってくると、実際の年齢よりも老けて見られることが多くなると思います。

では、このやっかいなほうれい線。加齢による老化現象だからあきらめるしかない・・・そう思っていませんか?

しかし、あきらめるのはまだ早いかもしれません。まずは、ほうれい線が発生する加齢以外の原因を考えて見ましょう。

・ストレス

ストレスをためると、老化が早まるといわれています。ストレスがたまると体内に活性酵素が発生するのですが、この活性酵素は量が増えると顔のたるみを引き起こします。

そのためほうれい線などのしわが発生しやすくなるのです。

・生活習慣

ストレスと少しかぶりますが、暴飲暴食や睡眠不足など不規則な生活はそれだけ肌に負担をかけることになります。

・紫外線

紫外線は、肌のハリの元であるコラーゲンを破壊するため、浴びれば浴びるほど肌のハリは失われていきます。ハリを失うことでたるみの原因となりほうれい線が出来てしまいます。

・肌の乾燥

肌が乾燥していると、肌のハリを失いやすくなります。肌のハリを失うことはたるみの発生につながりますから、乾燥を放っておくとほうれい線の発生につながります。

ざっくりと見てきましたが、体に悪いことは肌にも悪い、そして肌に悪いことはほうれい線の発生につながってしまうということですね。

逆に考えてみると、生活習慣を見直すなど簡単な心配りで、ほうれい線の発生は防げるということでもあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします