大豆ペプチド , 大豆イソフラボン , 大豆サポニン , 月見草油 , テアニン , 紅花 | Quality Of Life

大豆ペプチド , 大豆イソフラボン , 大豆サポニン , 月見草油 , テアニン , 紅花

スポンサーリンク
大豆ペプチド

健康食品成分・大豆ペプチド

★主な働き

・基礎代謝促進

【こんな方に】

・代謝が低い

・あまり筋肉がない

・運動不足

大豆は栄養価が高いことで知られ、そのたんぱく質はアミノ酸組成に優れ「畑の肉」と呼ばれています。

大豆ペプチドは吸収性が高く、基礎代謝促進機能や除脂肪組織(主に筋肉)の維持効果があります。

大豆イソフラボン

健康食品成分・大豆イソフラボン

骨からのカルシウム溶出を抑え、骨強度を保ちます。

★主な働き

・骨のカルシウムの減少を抑制など

【こんな方に】

・閉経後のカルシウムの減少を食い止めたい

・骨粗しょう症を予防・改善したい

・いつまでもイキイキとした生活を送りたい

大豆に含まれる成分で、身体の中に入ると女性ホルモンによく似た働きをします。骨のカルシウムの過剰な溶出を抑え、カルシウム代謝を正常に保ちます。

大豆サポニン

健康食品成分・大豆サポニン

★主な働き

・抗酸化作用

・肝機能強化

・脂質代謝の促進

【こんな方に】

・油ものが好き

・高脂血症を予防したい

・ダイエットをしている

大豆に含まれるえぐみ、渋み、苦味の成分です。大豆サポニンは、強い抗酸化作用を持ち、過酸化物質の増加を抑制し高脂血症予防のほか高血圧、肝機能障害の改善に効果があります。

スポンサーリンク

月見草油

健康食品成分・月見草油

★主な働き

・抗炎症作用

・抗アレルギー作用

【こんな方に】

・生理痛がある

・アレルギーがでやすい

月見草はその名の通り、夜のうちしか花を咲かせない可憐な植物です。

その種子からとれる主な成分はγーリノレイン酸・パルミチン酸・リノール酸・オレイン酸などの脂肪酸とポリフェノールです。

効果としては、抗炎症作用をもちPMS(月経前症候群)や、生理不順などの症状を和らげてくれると共に、アトピー性皮膚炎などをはじめとするアレルギー症状にも効果があると言われています。

テアニン

健康食品成分・テアニン

★主な働き

・精神安定作用(リラックス効果)

【こんな方に】

・心をおちつけたい

・リラックスしたい

グルタミン酸エチルアミドのことで、茶葉などのうまみ成分の一つです。

アミノ酸の一種で、お茶に含まれるアミノ酸の半分を占めています。脳に作用しα波を引き出す事で、リラックス効果をもたらします。

紅花

健康食品成分・紅花

★主な働き

・月経異常の改善

・冷え症の改善

・のぼせの改善

・シミの改善

【こんな方に】

・冷え症

・のぼせる

・シミなどが気になる

乾燥させた花に含まれる主成分フラボノイドは女性特有の悩み、なかでも月経異常、冷え症、のぼせ、しみなどのお血症状(血液がたまり循環しない状態)を改善します。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします