L−カルニチン!脂肪を燃焼してダイエットや、スタミナ持続をめざしましょう♪ | Quality Of Life

L−カルニチン!脂肪を燃焼してダイエットや、スタミナ持続をめざしましょう♪

スポンサーリンク
L−カルニチン!脂肪を燃焼してダイエットや、スタミナ持続をめざしましょう!

脂肪は筋肉のエネルギー源として使われると、はじめて燃焼して減少します。

 

つまり運動によって、筋肉がそのエネルギーを燃焼しないと脂肪は無くならないわけです。

 

その脂肪を筋肉に運び、燃焼する役割を担っているのが、L-カルニチンです。

 

L−カルニチンで脂肪を燃焼してダイエットや、スタミナ持続をめざしましょう♪

 

L−カルニチンとは?

細胞内のミトコンドリアに脂肪を送り込み、燃焼させる成分

L−カルニチンは羊肉、マグロ、カツオ等に多く含まれる成分で、細胞内のミトコンドリアに脂肪を送り込み、燃焼させると言われている成分です。

肥満体質、やせにくい体質の方はこのL−カルニチンが不足しているケースが多いと言われています。

L-カルニチンは二つのアミノ酸、リジンとメチオニンから構成された成分で、肉などから摂取することができるし、体の中でも合成することができます。

スポンサーリンク

L-カルニチンはダイエット用健康食品の主役です!

 

L-カルニチンは、海外では心臓疾患、運動能力改善などに使われていますが、日本では主としてダイエット用健康食品として出回っています。

 

それは、以下の理由によります。筋肉はブドウ糖または脂肪酸をエネルギー源としています。

 

筋肉細胞内で、脂肪酸がエネルギーとして利用されるためには、まずミトコンドリアに入らなければなりません。

 

この時にL-カルニチンの手助けが必要なのです。

 

外からL-カルニチンを十分補給してやれば、筋肉内の脂肪がより多く消費され、それが体脂肪の減少につながるだろうというのがその理論的根拠です。

 

L−カルニチンの健康効果

脂肪を筋肉に運び、燃焼する役割を担っているのが、L-カルニチン

脂肪は筋肉のエネルギー源として使われると、はじめて燃焼して減少します。

つまり運動によって、筋肉がそのエネルギーを燃焼しないと脂肪は無くならないわけです。その脂肪を筋肉に運び、燃焼する役割を担っているのが、L-カルニチンです。

このようなカルニチンの働きから、ダイエット効果や、アスリートのスタミナ持続効果が期待され、注目を集めています。

以下のような効果を目的として摂取する方が多いようです。

ダイエット効果

 

カルニチンを多く持っている人は、そうでない人に比べて脂肪等を燃やしてくれる比率が高い為に太りずらく、

 

逆にカルニチンが不足している人は、その反対で太りやすい体質と言えます。

 

このため、運動による脂肪燃焼の効果を高めるためにカルニチンを摂取することが有効です。

 

スタミナ持続効果

 

脂肪のエネルギー代謝を活発に行うスポーツ選手の場合には、L-カルニチンそのものを食事からとるようにすることも大切です。

 

最近、イタリアのマルコニー博士の研究によると、カルニチンを一日当たり四グラム、二週間続けて与えた場合、酸素摂取能力が増すことを確認しています。

 

つまり、L-カルニチンをとることでスタミナが高まったということです。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします