子犬のしつけ , 犬の気持ちを考える | Quality Of Life

子犬のしつけ , 犬の気持ちを考える

スポンサーリンク
子犬のしつけ

あなたは、犬を飼っていますか?今は癒しのためにも、ペットを飼う人がかなり多くなっています。

そのために、犬も飼っている人が増えています。もしも今はまだ飼っていなくても、やがては自分も飼ってみたいと思うのではないでしょうか?

そんな時には、人気なのは子犬です。現在は、マンションややアパートでも犬を飼いたい人がいますから、マンションやアパートで犬を飼うのならば、子犬ではなかったら難しいです。

大きな犬は家が小さかったら、飼えなくなってしまいます。

大きな犬に比べても、子犬が人気になっているのですが、子犬でも飼う時には、しっかりとしたしつけをしなくてはならないのです。

子犬だからかわいいからといって、適当にしつけなかったら、毎日暮らしていく時には、大きな問題になってしまうことでしょう。

だから、あなたが犬を飼うのならば、大きな犬も子犬も同じようにしっかりとしつけてくださいね。

しかし、どうしてもかわいい子犬を目の前にしてしまったら、なかなか簡単にはしつけられないものです。

子犬をしつけていく時には、甘やかしていたのではしつけられないからです。

しかったりする必要も出てきます。自分1人で子犬をしつけていくのは、できないことがよくあります。

自分1人では子犬をしっかりとしつけられないなと思うのならば、子犬のしつけのDVD教材もあります。

それを見て学習すれば、比較的簡単に子犬の正しいしつけを成功させられますよ。

スポンサーリンク

犬の気持ちを考える

犬は、人間のように言葉を話すことが出来ません。しかし、犬にも気持ちがありますから、人間に伝えたいことがあります。

人間に通じる言葉で、自分の気持ちを伝えることが出来ない犬は、行動や鳴き声で飼い主に気持ちを伝えようとします。

ですから、犬のしつけをする際は、「犬の気持ち」を考えることが大切です。

しつけは、人間が犬に行うものですが、人間の都合だけで犬をしつけるようなことがないようにしてください。

犬にも気持ちがありますから、犬の行動の意味を考えましょう。問題行動を起こしたときに、どうして問題になる行動をしたのか考えてください。

犬の気持ちを考えてから、しつけをすることで、しつけが上手くいきやすくなります。

人間から見ると、問題行動にしか見えないものも、犬にとっては何か意味のある行動なのです。

行動や鳴き声で伝えようとしていることを探ってください。犬の気持ちを考えずにしつけを行うと、しつけが成功しにくくなります。

人間も気持ちを無視して、何かをしろと命令されたり、してはいけないと禁止されたら、

なんで言うことを聞かなければいけないのか、という気持ちになって、言うことを聞こうとしないものです。

犬も、人間と同じです。言うことを聞いてもらうには、犬の気持ちを理解する必要があります。

行動の意味を探って、犬の気持ちを理解する気持ちを持ってください。

どんな行動にも意味がありますから、その意味を考えてしつけを行うことで、犬も言うことを聞いてくれるようになります。

スポンサーリンク

よろしければシェアお願いします