スポンサーリンク

多動力

多動力: 現代に求められる力とは

スポンサーリンク

はじめに

堀江貴文氏の著書『多動力』は、現代の仕事環境において必須の能力である「多動力」について解説しています。本書では、一つの仕事に長期間専念する時代は終わりを告げ、複数の異なる仕事やプロジェクトを同時にこなす能力が重要であると説いています。この記事では、『多動力』の要点をトピックごとに整理し、詳細に解説していきます。

多動力とは何か

定義と背景

多動力とは、いくつもの異なる仕事やプロジェクトを同時にこなす能力のことを指します。具体的には、自分が興味を持つ複数の分野で次々と活動し、それぞれの分野で成果を上げる能力を意味します。この概念は、インターネットの普及により、業界間の垣根が低くなり、融合が進んでいる現代において特に重要とされています。

インターネットの影響

インターネットの登場により、異なる業界が融合し始めています。例えば、テレビ業界とインターネットがつながることで、テレビはスマホアプリの一つとなり、電話やSNSと同じレイヤーで競争することになります。また、自動車業界でも、自動運転技術の進展により、車がただの移動手段としての役割を超え、インテリア業界と融合する可能性が出てきています。このように、あらゆる産業がつながる時代には、一つの産業だけに習熟しているだけでは新しいアイディアを生み出すことが難しくなります。

多動力を得る方法

多動力を身につけるためには、まず一つのことに集中し、それを極めることが重要です。その後、その集中力と好奇心を次の興味のある分野にスライドさせていくことで、多動的な能力を養うことができます。以下に、多動力を得るための具体的なテクニックをいくつか紹介します。

1. 一つの仕事をコツコツやるという洗脳を解く

昔は、例えば板前になるためには何年もかけて修行を積む必要がありました。しかし、現在ではインターネットを活用すれば、必要な情報や技術をすぐに学ぶことができます。堀江氏は、寿司職人が何年も修行するのは時代遅れだと述べています。情報が簡単に手に入る今、一つのことに長時間かけるよりも、ネットで知識を得て、すぐに実践に移ることが重要です。

かつて、職人として成功するためには長期間の修行が必要とされていました。例えば、板前になるためには3年間の雑用、さらに3年間の包丁の使い方の習得、その後3年間で煮炊きの技術を学び、さらに3年間で焼きの技術を習得するといった具合に、一人前になるまでに10年以上の時間を要していました。しかし、現在ではインターネットを活用することで、これらの技術を短期間で習得することが可能です。YouTubeなどの動画サイトを利用すれば、トップシェフの技術を自宅で学ぶことができるため、時間をかけて修行する必要がなくなりました。

2. 完璧主義を捨てる

多動力を発揮するためには、完璧主義を捨てることが大切です。多くの仕事を同時にこなすためには、自分が得意なことに集中し、他の仕事は外注することが必要です。堀江氏自身も、自分の本は自分で書いているわけではなく、編集者やライターがインタビューを元にまとめています。このように、他の人に任せられる仕事はどんどん外注し、自分が最も価値を提供できることに専念することが大切です。

完璧主義は、多くの仕事を抱える現代において大きな障害となります。全ての仕事を自分で完璧にこなそうとするのではなく、他人に任せられる仕事は外注し、自分が最も得意とする部分に集中することが重要です。自分以外でもできる仕事は他人に任せ、自分が最も価値を提供できる部分に専念することが、効率的な仕事の進め方となります。

3. 自分の時間を取り戻す

多動力を発揮するには、自分の時間を確保することが何よりも大切です。堀江氏は、電話は一方的に人の時間を奪うものだから、電話をかけてくる人とは仕事をしないと主張しています。また、重要な会議でも無駄だと感じたらスマホをいじって仕事を進めるなど、自分の時間を有効に使う工夫が必要です。集中して自分の時間を過ごすためには、自分の時間を奪うような人とは距離を置くことも重要です。

自分の時間を取り戻すためには、時間の無駄遣いを避けることが重要です。自分の時間を守るためには、時間を奪うような人や無駄な仕事から距離を置くことが必要です。

4. 仕事を効率よく進める工夫

堀江氏は、スマホを徹底的に活用することを勧めています。例えば、サラリーマンの多くはデスクでパソコンを使っていますが、実はスマホでも同じ仕事ができる場合があります。堀江氏自身も、メルマガの原稿をスマホで書き、移動中にニュースを読んで情報収集をしています。このように、スマホを活用して仕事を効率よく進める工夫が求められます。

5. レバレッジを使う

限られた時間を最大限に活用するために、自分の分身を働かせること、すなわちレバレッジを使うことが重要です。

レバレッジを活用することで、限られた時間を最大限に有効活用することができます。堀江氏は、たまにテレビに出演することで知名度を上げています。テレビに出られない人でも、YouTubeを活用することで、アップした動画が24時間自分の代わりに働いてくれます。また、メルマガなど、多くの人に同時に情報を届ける手段もレバレッジの一つです。レバレッジを活用することで、自分の時間を効率よく使うことができます。

まとめ

堀江貴文氏の『多動力』は、現代の仕事において求められる新しい力を解説しています。一つのことに集中し、それを極めた後に次の興味のある分野にその集中力をスライドさせることで、多動力を養うことができます。また、完璧主義を捨て、自分の時間を取り戻し、スマホを活用して仕事を効率よく進めることが重要です。さらに、レバレッジを使って限られた時間を最大限に活用することで、多動力を発揮することができます。

このように、多動力を身につけるための具体的なテクニックを実践することで、自分の好きなことを次々とハシゴしながら取り組む能力を養い、現代の仕事において求められる超越者になることができます。堀江氏の考え方を学び、多動力を身につけて、自分の可能性を最大限に引き出していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました