スポンサーリンク

働き方完全無双

働き方完全無双:ひろゆきの戦略を徹底解説

スポンサーリンク

序章:先進国に生まれたことのジレンマ

2ちゃんねる開設者として有名なひろゆき氏の著書「働き方完全無双」は、次のような挑発的な文章から始まります。「先進国に生まれたあなた、残念でしたね。」なぜなら、これから経済的に苦しくなっていくことが明らかだからです。しかし、ひろゆき氏は続けます。「でも大丈夫。ちゃんと現状を分析して、最悪な状況から順番にシミュレーションしていけば、個人の幸せは誰でも叶えられます。」日本の経済が沈みゆく中で、個人がどうすれば無双状態で働けるのか、その方法を明らかにしたいと述べています。

結論:個人としてワンチャンを狙いながら幸せを目指す

本書の結論は、日本が経済的に沈んでいく中で、個人が幸せになるための方法は「個人としてワンチャンを狙いながら幸せを目指す」ことだということです。具体的にどのような戦略を取るべきなのか、詳細に解説していきます。

成功と能力の誤解

まず、ひろゆき氏は「個人の能力など存在しない」と言います。私たちは、2ちゃんねるを大成功させたひろゆき氏は非常に優秀で、自分には真似できないと考えがちです。また、上場企業のCEOはとてつもなく頭の良い人が経営しているのだろうと推測します。しかし、ひろゆき氏はこれらの成功は大抵「たまたま」であると言います。成功した人は、能力が優れていたから成功したのではなく、単に運が良かっただけであり、成功の理由を後付けしているだけだと主張します。

この「成功なんてたまたまだ」という考えから、本書の結論である「個人としてワンチャンを狙いながら幸せを目指す」という考え方が生まれます。世の中で何が当たるかわからないので、新しいことにはとりあえず首を突っ込んでみるべきだと提案します。そして、もしワンチャン当たったらラッキーだという考え方です。

新しいことに挑戦する重要性

ひろゆき氏は、世の中で何が当たるかは本当に分からないと述べます。だから、新しいことにはとにかく首を突っ込んでみるのが正解なのです。例えば、面白い動画をYouTubeにアップしたり、ブログを書いて広告を載せたり、珍しい物をヤフオクで売ったりすることです。10年前にヒカキンさんの動画を見ても、この人が将来会社を上場させて年収数億円を稼ぐとは誰も思わなかったでしょう。しかし、新しいことを始める人はみんなに「何をやっているんだろう?」という感覚を与えます。そして、その中の数パーセントの人が面白がるようになり、気づいたらなぜかうまくいっているという現象が起こるのです。

常に何かをやっているという姿勢の人が得をするわけです。例えば、ニコニコ動画が成功したとき、そのプラットフォーム上で活動していた一般人も同時に有名になりました。歌い手として知られるようになったり、面白いキャラクターが仕事を得たりしました。このように、新しいサービスの上にいるだけで突然成功することがあるのです。

無料ツールの活用

ひろゆき氏は、無料ツールを活用しなければ損だと言います。X(Twitter)やInstagram、YouTubeなど、今すぐ無料で使えるツールを使っているうちに、何かがワンチャンで跳ねる可能性があるのです。例えば、ブログで面白い文章を書いていた人が次々と本を出す現象も見られました。文章の面白さも多少必要ですが、早くから書きためていた人の方が有利です。無料で始められることはとにかく早いほうが良いのです。

本業がある人も、本業とは別に個人でワンチャンを狙うことをしておいた方がいい時代です。1つの会社に人生を預ける時代ではなくなり、実社会では普通に働いてお金を稼ぎ、個人のプライベートの時間では新しいツールやものづくりをコツコツやるのが重要です。

継続の重要性

ひろゆき氏は、無料のツールをコツコツと続けていくうちに、みんなには受け入れられなくても一部の熱狂的な支持が得られるようになると言います。一部でも熱狂的な人たちが生まれれば、それで食べていくことができる時代です。しかし、YouTubeなどの動画を投稿しても、初めから跳ねることは少ないです。お金になるにはある程度の時間がかかるのが当たり前です。しかし、本業があってそこから収入を得られている人は、全く問題がありません。すぐに結果を求めすぎず、誰にも認められていなくてもコツコツと継続する姿勢が、ワンチャンをつかみ取れるかどうかのカギとなります。

会社選びと成功の関係

ひろゆき氏は、会社選びもまた運の要素が大きいと述べています。入った会社が成長しているときにそこにいるだけで、特に優秀でなくても給料が増えることがあります。つまり、個人の能力だけでなく、タイミングや運も成功に大きく影響するのです。

そのため、会社選びにおいても、安定を求めるだけでなく、成長する可能性のある企業や新しい分野に挑戦することが重要です。リスクを取って新しい会社に入ることで、大きな成功を手にするチャンスが広がります。

まとめ

ひろゆき氏の「働き方完全無双」は、経済が厳しくなる中で、個人が幸せになるための戦略を提供しています。成功は多くの場合「たまたま」であり、リスクを取って新しいことに挑戦することが重要です。無料ツールを活用し、継続的にコンテンツを提供することで、思わぬ成功を手にする可能性が高まります。

本業がある人でも、プライベートの時間を使って新しいことに挑戦するべきであり、一部の熱狂的な支持者を得ることが成功への鍵となります。ひろゆき氏の提唱する戦略を実践し、日本が経済的に沈む中で個人として幸せを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました