スポンサーリンク

科学的な適職

スポンサーリンク

科学的な適職の探し方

概要

「科学的な適職」は、メンタリストDaiGoの監修を務める鈴木祐氏が著した、科学的根拠に基づいたキャリア選択の方法を解説する本です。この本は、キャリア選択に関する悩みを解決するための具体的な方法を提供し、自分に適した職業を見つける確率を高めることを目的としています。

厚生労働省の調査によれば、入社から3年以内に会社を辞める人の割合は大卒でも約30%を超えており、さらに、やる気を持って働いているサラリーマンは全体の6%しかいないというデータもあります。このことから、自分に合った職業を見つけるのがいかに難しいかが分かります。そこで、この本では、科学的なアプローチを用いて、自分に合った職業を見つけるための方法を紹介します。

職業選択の有効な3つのファクト

この本では、4021の研究データから導き出された職業選択の有効な3つのファクトについて解説しています。これらのファクトを知ることで、職業選択の失敗を避け、自分に合った職業を見つけることができます。

1. 職業選択でありがちな7つの大罪

職業選びにおいて、誰もが犯しがちな定番のミスを避けるために、以下の7つの大罪について知っておくことが重要です。ここでは特に大事な3つに絞って解説します。

1. 好きを仕事にする

「好きを仕事にする」という考え方は、多くのインフルエンサーが推奨していますが、実際には科学的に見て必ずしも正しいわけではありません。研究によれば、好きなことを仕事にしても、最終的な幸福度は変わらないというデータが出ています。

適合派(好きなことを仕事にするタイプ)と成長派(仕事を続けるうちに好きになるタイプ)を比較した研究では、長いスパンで見た場合、成長派の方が幸福度が高いことがわかりました。適合派は理想と現実のギャップを感じやすく、その結果、幸福感が下がる傾向があります。一方、成長派は仕事に対する期待が低いため、トラブルが起こっても「仕事とはこんなものだ」と割り切ることができ、結果的に幸福度を維持できるのです。

2. 給料の多さで選ぶ

多くの人は、給料が高い方が良いと考えがちですが、実際には給料の多さと幸福度はほとんど関係がありません。年収800万円までは収入が増えるにつれて幸福度が上がりますが、それ以上はあまり変わりません。給料を上げるために大切な人との時間や趣味の時間を削るのは、幸福度という観点から見ると間違った選択です。

3. 仕事の楽さで選ぶ

仕事は楽であればあるほど良いと思われがちですが、実際のデータでは、楽な仕事は退屈感を生み、幸福度を下げることがわかっています。ストレスがありすぎるのは良くありませんが、適度なストレスが必要です。退屈な仕事は達成感や貢献感がなく、ただただ退屈なだけです。適度な挑戦を感じる仕事に取り組むことが重要です。

2. 仕事の幸福度を決める7つの徳目

次に、仕事の幸福度を決める7つの徳目について解説します。ここでは特に重要な3つに絞って紹介します。

1. 自由

自由が大切なのは当たり前と思われるかもしれませんが、実際には自由は仕事の満足度を大きく左右します。不自由な職場は、タバコよりも健康に悪いというデータもあります。自分の意見が尊重されない、自分の裁量権がない職場は健康を害し、仕事の満足感を下げます。

2. 達成感

達成感は仕事のモチベーションを高めるために非常に重要です。人間のモチベーションが最も高まるのは、小さな達成感を感じるときです。例えば、ラジオ体操のスタンプカードのように、日々の小さな成果が積み重なることで前進している感覚が生まれます。自分のやった仕事の成果が目に見える形でフィードバックされることが重要です。

3. 仲間

職場に友人がいると、仕事のモチベーションが700%も上がるというデータがあります。同じ職場で友人を持つことは、困ったときに助けてもらえる安心感を生み、モチベーションを保つために非常に重要です。

3. 最悪の職場に共通する8つの悪

最後に、最悪の職場に共通する8つの悪について解説します。ここでは特に重要な3つに絞って紹介します。

1. ワークライフバランスの崩壊

ワークライフバランスの崩壊は、プライベートに仕事を持ち込む働き方のことです。これは私たちの幸福度を大きく下げます。例えば、休日に上司が連絡してくる会社や、仕事が当たり前にプライベートに侵食している企業は避けるべきです。

2. 雇用の不安定さ

雇用が不安定な職場は、ストレスを生みます。不安定な賃金や勤務スケジュール、次の仕事が見つからない不安などがストレスの原因となり、長期的に見て健康を害します。

3. 長時間労働

長時間労働は、週40時間を超えると体に悪影響を及ぼし、週55時間を超えると心身が崩壊し始めるというデータがあります。長く働くことは必ずしも生産性を上げるわけではなく、健康を害するリスクがあります。

具体的な職業選択の方法

これらのファクトを知ることで、職業選択の失敗を避け、自分に合った職業を見つけることができます。以下に具体的な職業選択の方法を紹介します。

1. 好きなことを仕事にするのではなく、成長することを目指す

好きなことを仕事にするのではなく、成長することを目指すことで、長期的な幸福度を高めることができます。成長することで、トラブルに対する耐性がつき、仕事への満足度が高まります。

2. 給料ではなく、仕事の内容や環境を重視する

給料よりも、仕事の内容や環境を重視することで、長期的な幸福度を高めることができます。自分の裁量権があり、達成感を感じられる仕事を選ぶことが重要です。

3. 楽な仕事ではなく、適度な挑戦を感じる仕事を選ぶ

楽な仕事は退屈感を生み、幸福度を下げるため、適度な挑戦を感じる仕事を選ぶことが重要です。適度なストレスがあることで、達成感や充実感を得ることができます。

実践例

以下に、科学的な適職の実践例をいくつか紹介します。

1. 好きなことを仕事にするのではなく、成長することを目指す

例えば、ゲームが好きな人がゲーム会社に就職するのではなく、成長することを重視して、自分が興味を持てる分野でスキルを身につけることを目指すと良いでしょう。成長することで、仕事に対する満足度が高まり、長期的な幸福度が高まります。

2. 給料ではなく、仕事の内容や環境を重視する

例えば、給料が高い会社に就職するのではなく、自分の裁量権があり、達成感を感じられる仕事を選ぶことで、長期的な幸福度を高めることができます。自分の意見が尊重される職場や、フィードバックが得られる仕事を選ぶことが重要です。

3. 楽な仕事ではなく、適度な挑戦を感じる仕事を選ぶ

例えば、楽な仕事を選ぶのではなく、適度な挑戦を感じる仕事を選ぶことで、達成感や充実感を得ることができます。適度なストレスがあることで、仕事に対するモチベーションが高まり、長期的な幸福度が高まります。

結論

科学的な適職を見つけるためには、以下の3つのファクトを知ることが重要です。

  1. 職業選択でありがちな7つの大罪を避ける
  2. 仕事の幸福度を決める7つの徳目を重視する
  3. 最悪の職場に共通する8つの悪を避ける

これらのファクトを知ることで、職業選択の失敗を避け、自分に合った職業を見つけることができます。ぜひ、科学的なアプローチを取り入れて、自分に合った職業選択を行ってください。

タイトルとURLをコピーしました